ニキビに悩んだ高校時代

insurance_2_mika
元々色白で、中学生までは美肌でした。しかし高校に入学した途端、ニキビだらけの顔になってしまいました。特に頬のあたりは無数の赤いニキビでいっぱいでした。

ニキビも嫌でしたが、膿が出るのがもっと嫌でした。白い膿は、よくつぶしていました。また、ニキビの痛みにも悩まされました。

脂性だったのもニキビがたくさんできる原因だったかも知れません。脂とり紙で顔の脂を取っても取ってもきりがありませんでした。

自分自身男なのでそこまで気にしなかったので、特に医者にはかかりませんでした。医者にはもしかしたら良い薬があったのかも知れませんが。

当時部活などで忙しく、あまり顔を清潔に保とうという意識もあまりありませんでした。

ただニキビに悩んだ立場から言わせてもらうと、やはり洗顔はとても大事だと思います。ニキビができるときは顔の脂も多いので、しっかり洗顔料などでまめに顔を洗い、そして適度に保湿をすることだと思います。保湿はニキビ化粧水で行うと効果も段違いです。

あとはやはり医者にかかることでしょうか。自分はそれをすれば良かったなと感じます。

自分自身の場合、ニキビに悩んだのは1年ほどでした。高校2年生の頃にはすっかり元通りになっていました。跡もそれほど残らなかったので、今人にニキビの話をすると驚かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です